• 北岳肩の小屋の魅力
  • 宿泊案内
  • 北岳肩の小屋の宿泊者の声・感想
  • アクセス
  • ブログ
  • 問い合わせ
  

宿泊者の声

HOSSYさん

職場の登山部で挑んだ北岳山行 2018年10月24・25日

20181025_085353_resized.jpg

 

職場の登山部の内、2人は北岳に登ったことが無く、昨年から、

「今年は北岳に登りたい」と予定を立てていました。

仕事もひと段落する9月に登る予定でしたが、台風のために延期になり、

今回10月24・25日となりました。前日に電話で伺ったところ、

積雪があり夜から当日朝までさらに降る可能性があるとのことでした。

日本で2番目の山で、積雪となり、他の山に変更するか検討しましたが、

結局、行くことに決まりました。

当日朝、広河原から北岳を見上げると雪を被っており、

「え?本当に行けるの?」と話になり、小屋に電話を掛けると稜線には

10㎝の積雪があるとのことでしたが、時間には余裕があったため、

ゆっくりと向かいました。小太郎尾根分岐から稜線に出て、

雪の登山道を登り、難なく肩の小屋に到着できました。

山頂はガスが出ており、そのまま山頂に向かうか、明日の天気を期待して、

明日の朝向かうか検討した結果、翌朝山頂を目指すことになりました。

小屋では、2代目の茂さんとライチョウや甲斐犬の話をしたり、

他の登山者と雑談をして時間を過ごしました。

翌朝、朝食後荷物を置いて、山頂を目指しました。風が少し冷たかったですが、

軽アイゼンを着けアタックを開始しました。山頂に着くと雲1つ無い快晴で、

目の前に富士山、左を向くと鳳凰三山が下に見え、さらに広河原からの高度感が

素晴らしく、左後ろを見ると、槍ヶ岳が小さく見えました。

山頂での滞在を名残惜しみ、小屋に戻りました。小屋で下山の準備をしていると、

小屋のスタッフの方々との休憩時間と重なり雑談が弾みました。

一部のコンビニでしか売っていない、芦安名産の美味しい、

かりんとうの話、肩の小屋を建てたときの苦労話、トレイルレースの話など、

普段は、忙しい小屋のスタッフの方とゆっくりと沢山の会話ができとても楽しく

過ごせました。「来年は、花のきれいな季節に来ると良いよ」

とアドバイスをいただき、3人で絶対に来ようと誓いました。

ただ、その頃は、職場が忙しい時期なので、日帰りになるかもしれません。

楽しい時間をありがとうございました。

20181024_131434_resized.jpg

お世話になりました

hanamogeのきいろさん    2018年8月30日宿泊

8/30日にお世話になりました。

IMG_8187 (1).jpeg
2泊3日の荷物が重くてペースが上がらず、予定より1時間遅い到着となりました。
長くて手強い道のりでしたが、楽しく気持ちの良い道のりでもありました。
 
小太郎尾根から肩の小屋までは、なだらかな稜線だと勝手に思い込んでいて、
更なるちょっとしたピークに、挫けそうになりながら、
肩の小屋が目に飛び込んできたときは、凄くほっとしました。
初めて来たのに何故か懐かしい気分?HPの見過ぎ(汗!!
 
受付と着替えを済ませて外に出て、美しい富士山を暫く楽しみました。
富士を愛でながらの生ビールは最高のご褒美でした!!
至福の時間をありがとうございました。
 
森本さんのブログをいつも拝見しています。
年々更新回数が増えている様で、益々楽しみになっています。 
北岳登山の情報を知る機会となり、とても助かっています。
 
お食事は、3000mの高所とは思えないくらい行き届いたもので、
温かくてとても美味しかったです。大満足です!
 
翌日は天候が崩れ、北岳山頂をピストンして下山しました。
間ノ岳の縦走は残念でしたが、的確なアドバイスがいただけたので
安全な行動が取れました。
 
次回は間ノ岳の縦走と晴れた北岳山頂を目指したいと思います。
ありがとうございました。
 

IMG_8193.jpeg

 

 
 

 

2018年8月1日泊 尾瀬の山男さん

 

 8月1日にお世話になりました。

北岳山荘に泊まる予定をそちらに泊まりたくて、強行し、
北岳を超えて何とかたどり着きました。
山頂近くでライチョウの親子とめぐり会い、夕食、
翌日の弁当もおいしくいただきました。
私は北岳に10回登りましたが、
20回以上も登ってる方がいらっしゃるんですね。
びっくりしました、北岳登山も終わりかなーと思っていたのですが、
これからも頑張ります。
お仕事とはいえ、危険な山歩き、今後も十分に注意されて頑張ってください。
 
IMG_1349.JPG
IMG_0725.JPG
2018年8月9日  小嶋様
 
台風で3回キャンセル。
これで4回目か。。。
と思ったら急に曲がった台風。
 
行けるかも?
そんな背中を押してくれたのが
この肩の小屋のブログです。
 
「台風13号の影響はそれほどなさそうですね、
問題なく登れそうですよ。」
 
このブログ、去年からストーカーのように
読ませて頂いていました。
森本さんの事は
森本さん以上に知っています^^
 
芦安の駐車場はガラガラで
一瞬不安になりましたが
 
・自分の器が大きく見えるブロッケン現象
・保護色が完璧な雷鳥の親子
・テントからぼ~っと眺めた天の川
・願い事を3回言えた長~い流れ星
 
やっと北岳の夢が叶いました!
 
3193m、北岳の頂上に1番近いこの「肩の小屋」
北岳、間ノ岳、農鳥岳におすすめです。
 
ありがとうございました!

IMG_7544.jpeg

IMG_7543.jpeg

また登れました

 
  2018724日 神奈川県横浜市 北岳の花が大好き
 
 北岳の花が大好きで、花を愛でながら3年振りに登頂出来ました。
 北岳は、1990年に初めて登って以来一番好きな山で、今回で27回目の登頂でした。
 
 この間、20165月に大菩薩で大腿骨を骨折し、20176月に半月板を損傷してしまいました。
昭和9年生まれでもあり、もう北岳に登るのは無理かなと思っていましたが、
息子の適確なサポートの下また登る事が出来、感慨もひとしおでした。
 
 今までは、白根御池をベースに登っていましたが、今回初めて肩の小屋さんに宿泊させて頂き、
雰囲気の良さと食事の美味しさにうれしい限りでした。
 
 さて、中西俊明さんの「南アルプスの花たち」のポストカードの中のミヤマハマシノブが
とても素敵で、流石中西さんだと感服しました。
CIMG8330.JPG
 
 また宿泊出来たら良いかなと思っています。
 どうも有難う御座いました。
CIMG8380.JPG
2018.7.4  安全第一さん
1.JPG
 
 先日は、大変お世話になりました。
7月4日~5日にかけてお世話になりました兵庫の登山人です。
 
数か月前から登頂計画を立てており、大変楽しみにしておりましたので悪天候が気にはなりましたが
7月3日深夜に兵庫を出発決行しました。
 
 芦安駐車場ではタクシードライバーの方が 「雨は大丈夫だよ!」 と言ってくださったので入山しました。
 
 
降ったり止んだりしておりましたが、快調快調でした。
 
御池小屋のソフトクリームでエネルギー注入した後に出発しましたが、正午あたりから雨・風がきつくなり濃霧で視界が悪くなりましたが、
なんとか無事に肩の小屋まで到着いたしました。
 
 だいぶ雨にうたれていましたので、体温が下がり震えが止まらない状態でしたが、すぐにストーブを用意していただき幸せでした。
また、ザックやシューズなども乾燥させていただき本当に感謝しております。
 
 暖かいご飯にお味噌汁が最高においしかったことを覚えています。幸せな温かみでした。
 
 
夜間も、爆風、爆雨は続き雨量が半端ない状態とのことで、頂上はあきらめて下山を決めましたが
降り続く雨の増水で、橋は危険な状態になっていたり、昨日通ったはずの通路が濁流に飲み込まれている状態に驚きました。
 
肩の小屋3代目 森本さんが我々のもとに来てくださり安心しました。
安全なルートに変更しながら下山をサポートしてくださりました。
2.JPG
4.JPG
 
体力温存のためザックを担いでくださったり頼もしいかぎりです。
増水で、想像以上に状況が深刻な感じでしたが、
ガイドを張ってくださったりお世話になりましたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
無事下山でき一安心でした。本当にありがとうございました。
 
 
しかし、まだ続きがあります。
芦安~広河原間が封鎖されており、22キロどうする?
ってことで、歩く決意をしました。
 
肩の小屋3代目はさすがつわものですね。 我々と言葉を交わしランニングでいかれました 笑
 
我々は夕方に無事駐車場にと到着し、’’生きている’’ 実感を味わいました。
 
高速道路も通行止め状態で家路も大変でしたが、貴重な思い出になりました。
ハプニングも含めてすべていい思い出となっております。
 
壮大な北岳に思いがあります。
次回は、ぜひとも高山植物をゆっくり眺め、富士山を眺め、夜景を眺め、頂上の景色を満喫したいです。
いつか舞い戻ることを決心しましたのでその節はどうぞよろしくお願いいたします。
 
最後になりましたが、お体にはお気を付けください。
 3.JPG                                              

富士山とブロッケン

宿泊日2017・7・27 兵庫県西宮市 おおちゃん様

北岳肩の小屋の皆様

初の南アルプス登山、親子でお世話になりました。

草すべりの急登はかなりきつくて肩の小屋についた時は本当にホッとしました。

お天気は曇りでずっとガスの中でしたが、夕方にブロッケン現象!

翌朝はガスが晴れて念願の北岳からの富士山も見ることができました。

間ノ岳にも登頂し、下山時に頂いたコーンスープもおいしかったです。

お世話になりありがとうございました。

DSC02253.JPGDSC02255.JPG

DSC02258.JPG

DSC02263.JPG

2017年7月21日  愛知のモンタさん

せっかくなので北岳へ

体調管理の甘さから足がつるアクシデント!!

なんとか山小屋に辿り着くことができました。

そこで山荘の皆さんや常連の干物爺さん達(笑)に暖かく迎えられ、次の日も無事山頂、下山出来ました。

暖かい人と触れ合い素晴らしい登山でした

ありがとうございます。

image1.JPG

 

北岳8回目!

2017年6月24日 北京原人さん

開山日、24日にお邪魔しました。北岳は8回目ですがテントが多く小屋泊りは今回が3回目でした。

土曜日は梅雨時にしてはまずまずの天気で御池小屋から上がり荷物を置いてキタダケソウを見てきました。

以前、見に行った時はシーズンが終わり今回は満開で頑張って登った甲斐がありました!

夕方には素晴らしい夕陽と富士山も顔大出してくれて梅雨時にしては最高の山行となりました。

小屋でも山開き記念に「越冬」したワインのサービスがあり、すっかり楽しませていただきました。小屋の皆さんに感謝です!

来年はまたテントでと思っていますが、もう歳なのでどうなりますか。いずれにしてもまた伺いますのでよろしくお願いいたします。

  20170624_121056.jpg

20170624_190221.jpg

2016年7月21日 塚根さんとザイルパートナーHさん
 

2016.jpg

 
21日(木)に、バットレスを登り、お世話になりました、
 
今回も色々と気を遣って頂き、有り難う御座いました!お蔭でぐっすりと寝る事が出来ました。
又、森本さんの顔を見てホッとした思いを、鮮明に憶えております。
森本さんは人に安心感を与えるものをお持ちの様です。
 
北岳は何回登っても、飽きの来ない素晴らしい山です!!又、バットレスは素晴らしい岩壁です!
 
我々シニア層に取っては、マッチ箱を越えて白木のテラスからナイフリッジをトラバースして
最後の城塞ハングに辿り着いて(此処が意外と難関で!)、赤いハーケンの上の今有るハーケンの不安定さ!
(その内抜けると思います)これが結構なプレッシャーになり躊躇するクライマーが多いものと思います!
赤いハーケンの上に立ち込んでからの支点がガチっとしたものが有ると、
安心安全に終了点に辿り着ける事と確信しております!!日々お忙しい中!恐縮な話しですが、
上記の箇所を手直しして頂けると嬉しい限りです。必ずや!
今迄と違う好ルートのバットレスが生まれる事と思います。
 
少し前迄は、バットレスを登りきってから、8本歯経由で下に降りていましたが、
肩の小屋にお世話になる様になってから、下に降りるブレッシャーからも開放され、
快適な岩登りが楽しめております.
最近は、我々世代のクライマーに会うと、バットレスを楽しんで、
肩の小屋に泊まり快適な山旅を楽しんだら!と言う様になって来ました。
 
60歳以上が大量にリタイアしております。そう言うクライマーたちに取っては、
北岳バットレスの大岩壁は憧れの象徴です!!是非共、北岳肩の小屋の立ち位置・
コンディションを最大活用して頂いて!末永く貢献して頂き、
森本さんのキャラクターを多いに活かして貰い、登山者の心の拠り所になって頂けます様!お願い申し上げます。
 
今回の肩の小屋での出会いも、新潟県・鯉の生産者(プラチナの鯉が有名)、
神奈川県・北岳を221回登った塩沢さん、と印象に残る人達にも会う事が出来ました。
 

2016-2.jpg

 今回も非常にお世話になりました。

次の機会に会える事楽しみにしております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 


 

※本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。


北岳の高山植物

北岳の天気予報

宿泊者の声募集しています

運営者

森本 千尋 (もりもと ちひろ)

森本 千尋(もりもと ちひろ)

祖父・父と続く標高3,000メートルにある南アルプス北岳肩の小屋3代目。
「南アルプスNET」の掲載された紹介記事はこちら


2014年の記事