• 北岳肩の小屋の魅力
  • 宿泊案内
  • 北岳肩の小屋の宿泊者の声・感想
  • アクセス
  • ブログ
  • 問い合わせ
  

宿泊者の声

2016年7月21日 塚根さんとザイルパートナーHさん
 

2016.jpg

 
21日(木)に、バットレスを登り、お世話になりました、
 
今回も色々と気を遣って頂き、有り難う御座いました!お蔭でぐっすりと寝る事が出来ました。
又、森本さんの顔を見てホッとした思いを、鮮明に憶えております。
森本さんは人に安心感を与えるものをお持ちの様です。
 
北岳は何回登っても、飽きの来ない素晴らしい山です!!又、バットレスは素晴らしい岩壁です!
 
我々シニア層に取っては、マッチ箱を越えて白木のテラスからナイフリッジをトラバースして
最後の城塞ハングに辿り着いて(此処が意外と難関で!)、赤いハーケンの上の今有るハーケンの不安定さ!
(その内抜けると思います)これが結構なプレッシャーになり躊躇するクライマーが多いものと思います!
赤いハーケンの上に立ち込んでからの支点がガチっとしたものが有ると、
安心安全に終了点に辿り着ける事と確信しております!!日々お忙しい中!恐縮な話しですが、
上記の箇所を手直しして頂けると嬉しい限りです。必ずや!
今迄と違う好ルートのバットレスが生まれる事と思います。
 
少し前迄は、バットレスを登りきってから、8本歯経由で下に降りていましたが、
肩の小屋にお世話になる様になってから、下に降りるブレッシャーからも開放され、
快適な岩登りが楽しめております.
最近は、我々世代のクライマーに会うと、バットレスを楽しんで、
肩の小屋に泊まり快適な山旅を楽しんだら!と言う様になって来ました。
 
60歳以上が大量にリタイアしております。そう言うクライマーたちに取っては、
北岳バットレスの大岩壁は憧れの象徴です!!是非共、北岳肩の小屋の立ち位置・
コンディションを最大活用して頂いて!末永く貢献して頂き、
森本さんのキャラクターを多いに活かして貰い、登山者の心の拠り所になって頂けます様!お願い申し上げます。
 
今回の肩の小屋での出会いも、新潟県・鯉の生産者(プラチナの鯉が有名)、
神奈川県・北岳を221回登った塩沢さん、と印象に残る人達にも会う事が出来ました。
 

2016-2.jpg

 今回も非常にお世話になりました。

次の機会に会える事楽しみにしております。

 

はじめての親子登山

渡辺さま 

2014年に親子登山で初めての山小屋泊登山が肩の小屋でした。それから北岳に難なく登れるように親子トレーニングをし、2015年には8本歯のコルから農鳥岳にかけ縦走できるまでになりました。山小屋でのマナーや同泊者との会話も楽しくなりました。私たち親子にとって思い出深い山小屋です。2015年の10月の登山は楽しい登山となりました。これからもよろしくお願いいたします。

P1010055.JPG

P1010059.JPG

 

想い出をありがとう。

2015.8.3 伊藤 さま 

 

肩の小屋スタッフの皆様 

8月3日、お世話になりました。

大樺沢を歩き始めてすぐに「チシマギキョウ」を撮影中誤ってデジカメを落して故障。

右俣コースの辛い登りの途中で脚が攣り、「肩の小屋」へ到着が遅れる旨の電話連絡し励まされ、

休み休み先を進めました。

午後2時頃、小太郎尾根分岐前の右俣コースと草スベリコースとの分岐で突然の雷雨、

慌てて荷物を放り出し200m走り、少し低い場所の潅木の中に身を潜め、

1時間程じっとして雷雲が過ぎるのを待ちました。

頭の上での雷雲でしたが幸い落雷はなかったようで無事助かりました。

「グレートトラバース日本百名山」で観た田中陽希さんの雷雲での行動を参考に避難することができました。

翌朝、北岳に登りとってもすばらしい日本アルプスの景色を堪能させてもらいました。

デジカメが故障しガラ携での撮影ですが、「富士山と北岳」の景色や高山植物も写すことができ一生の想い出に残る山行きでした。

小屋到着が遅くなったにも関わらず、山小屋のスタッフの皆さんに大変お世話になり、

遅い夕食をご馳走になり広い布団でゆっくり休むことができました。

どうもありがとうございました。

DVC00017b (1).jpg

伊藤さんのHP

お世話になりました。

2015年8月1日  柴垣さま

 

これまでは日帰りばかりの登山でしたので、こちらが初めての山小屋となりました。

 

一人での登ってきて、予約もせず、飛び込みでしたが、快く受け入れていただき、

大変ありがたかったです。部屋の中や、食事の時に周囲の人たちにいろいろな話ができて、

大変楽しく過ごすことができました。

 

3000メートルの高さにあるにも拘らず、山小屋の皆さんがキビキビと働いている様子を

気持ちよく拝見させていただきました。

 

翌朝まだ真っ暗な中を同宿のグループの方々の後にくっついて北岳に登り、

御来光明け行く北アルプスの山々を見て、とても感動しました。

いつかまた肩の小屋を訪ねたいと思います。

 

ありがとうございました.

感想 柴垣さん 写真 (2).jpeg

けいこたん 2015.7.20

20日(月)に宿泊したトラベルギャラリーのメンバーです。

初めての南アルプス、初めての北岳はどんなところだろうと期待をふくらませて登ってきました。

北岳の雄大さには圧倒されるばかりでしたが、肩の小屋さんには大変お世話になりました。

スタッフの方は皆さんとても明るくて元気よく、登ってきた疲れも吹っ飛びました。

本当に皆さん明るくて、笑顔で、てきぱきしていて感じがいいのです。

ましてや、小屋のご主人は若くてイケメン!これはテンション上がります。(*^_^*)

もちろん夕食も美味しかった!!

特にご飯がおいしく私も男性並みにぺろりと平らげました。

 

その日の夜は、小屋の御主人のブログにもある美しい月と宵の明星を眺めながら、明日はご来光が見れるかしら、

朝焼けに輝く富士山が見れるかしらとワクワクでした。

DSC05022.JPG

が・・・

 

翌朝5時からの朝食をいただくために、4時半から並ばなくてはいけません。

日の出は4時45分。

それだと見れない・・・

いわゆる「席を取っておく」ということは山人として、してはイケません。

また、ツアーなので自分だけ食事は後で等の勝手はできません。

ご来光はあきらめるしかないと思って、おとなしく正座して並んでいたら

イケメンのご主人が「今日は日の出も見えそうです。せっかくだから、どうぞ外に出てみていいですよ。」と言われたのです。

「え??並ばなくていいの?」

みんな、それっとカメラを持って外に飛び出しました!

見えました!

ご来光です!雲海に浮かぶ富士山です!!

有難かったです。手を合わせている人が何人もいました。

機転の利いたご主人の一言のおかげで、そこにいた人はみんな幸せな瞬間を手にし、カメラに収めることができました。

DSC05019.JPG

そして、朝食もぺろり!やっぱりごはんがおいしい!!

大変お世話になりました。

心に残る北岳登山になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

北岳登山

y.sさん 2014.8.19
 
北岳肩の小屋には一昨年の夏に利用させていただきました。
他の登山者の方とストーブ周りでしゃべったりして楽しく過ごさせていただきました。
とくに着替えなどが出来るように設けられた更衣室が嬉しかったです。
ありがとうございました。
その次の日は北岳山荘に泊まりピストンで降りたのですが
帰り肩の小屋にむかう途中でものすごいスピードで登っていく男性とそれに必死で付いていく女の子とすれ違いました。
女の子が私の横で立ち止まったので「タイムトライアルですか?」ときくと「はい、頂上まで。そこのバイトで(肩の小屋を指しながら)」
という会話をしたのを覚えています。
若いってすごいな・・・と思いました。
そして小屋から見える朝日と富士山は最高でした。
また北岳登る時は、肩の小屋に泊まりたいと思います!
ありがとうございました~!!
 
^25F090DAE0F302C9081A9C43CE1560B4F4CD29AC72AE892165^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

【宿泊日】 2014年6月30日

初の南アルプス登山で北岳に登りました!!

6月30日~7月1日の日程でお目当ての北岳草もたくさん咲いていて、

その他の高山植物も咲き乱れていとても綺麗でした。

この時季はお花がとっても綺麗ですね!

北岳の小屋にも宿泊させてもらい小屋の方達もとても頼もしくて親切。

夜、朝の食事もおいしく大満足の小屋でした★

素敵な小屋に泊まることが出来、お花の情報なども聞けて本当に楽しく登山することができました♪

                                              by ひろみ

20140630_133636_Android.JPG

初めて肩の小屋に泊まりました。

料理も美味しく、とてもアットホームな小屋でした。

ちょうどキタダケソウも満開で素晴らしい登山でした。

今回、富士山が見られなかったのでまた別の時期に行きたくなりました。

                                             by なおこ

20140701_084533_Android.JPG

今回は大好きな友人と大好きな肩の小屋に泊まりました。

北岳初チャレンジの友人を連れて行くのには最高の立地の小屋でした。

山頂まで40分ほどなので、到着した日と次の日の朝と2回も山頂に行くことができました。

2回とも富士山を見ることはできませんでしたが、次来た時のお楽しみということで。

友人達も山小屋の雰囲気や食事にも満足してもらえたみたいで、肩の小屋に泊まって正解でした。

                                             by ゆきこ

20140701_233557_Android.jpg

 

【お名前】 倉本 さん  【宿泊日】 2013/09/30

kura100931_1.jpg

3000mにある小屋なのに綺麗でスタッフも気さくな方が多くとても過ごしやすい小屋でした。

四年程前から毎年行かせて頂いてます。

毎年、肩の小屋に行くのがひとつの楽しみになっています!

kura100931_2.jpg

【お名前】yuuko.s   s       【宿泊日】2013 8月

CA3F0517 (2).jpg

北岳登山の際に、肩の小屋にお世話になりました。気さくなご主人から、登山ルートや高山植物の情報など教えて頂きました。

小屋からの展望は素晴らしく、富士山や鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、仙丈岳など見えました。

また、3000m地点での生ビールは最高です。北岳登山の際はまた利用しまーす。

CA3F0553 (2).jpg

【お名前】 こばやしさん     【宿泊日】2013.8.24

10405753_324192867738495_67173886_n.jpg

肩の小屋に宿泊した利用した感想  

毎年、肩の小屋にお世話になっております。山頂のすぐ下、山頂まで小一時間と助かる場所。とても親切なスタッフが対応してくださいます。

風景も最高。そして、食事がおいしい。標高3000mに定食屋さんがあるみたい。標高3000mのオアシス。これからも、お世話になります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 


 

※本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。


北岳の高山植物

北岳の天気予報

宿泊者の声募集しています

運営者

森本 千尋 (もりもと ちひろ)

森本 千尋(もりもと ちひろ)

祖父・父と続く標高3,000メートルにある南アルプス北岳肩の小屋3代目。
「南アルプスNET」の掲載された紹介記事はこちら


2014年の記事