• 北岳肩の小屋の魅力
  • 宿泊案内
  • 北岳肩の小屋の宿泊者の声・感想
  • アクセス
  • ブログ
  • 問い合わせ
  

山小屋支援プロジェクト

今回YAMAPのクラウドファンデングの山小屋支援プロジェクトに

参加させていただいています。どうか皆さまのご支援おねがいします。

北岳肩の小屋は現在7月23日オープンを目指して準備をしています。

ですが、いまだ先の見えない状況です。

でも、前に進むしかありません。

本日から始まった支援プロジェクトですが、早々に多くの皆さま

から届いた応援コメントにとても勇気づけられています。

一緒にこの困難を乗り切りましょう。

 

山小屋支援プロジェクトはコチラ

【新型コロナ】#山小屋支援プロジェクト

山小屋支援プロジェクトとは?

山小屋の3つの役割

山小屋は単なる施設ではなく、山のインフラでもあります。
山小屋があるからこそ、登山者は安全で快適な登山が楽しめます。

山小屋が抱えている現状の課題

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ゴールデンウィーク中、

登山を自粛せざるを得ませんでした。それにより、

休業を余儀なくされた山小屋があり、危機的な状況にあります。

1. 売り上げの激減

休業で収入がなくなっている山小屋があります。また、夏以降、

山小屋を開けたとしても、三密を避けながらの運営をせざるを得ません。

そのため、大幅な宿泊客の減少、それによる収入の減収が予想されます。

2. 固定費の継続発生

山小屋によっては、人件費や地代といった固定費が発生します。

収入が激減する中で、どのように固定費をまかない、雇用を維持するのか。

山小屋の経営において、厳しい舵取りを余儀なくされています。

3. 資金繰りへの不安

いつ自粛が終わるのかも不透明な中で、いくら借金すれば生き延びられるのか、

補助金・助成金が着金する時まで生き残れるのか、先の見えない状況の中で、

山小屋の不安は絶えません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事一覧

blogと同じカテゴリーの記事

新着情報と同じカテゴリーの記事

※本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。



北岳の高山植物

北岳の天気予報

宿泊者の声募集しています

運営者

森本 千尋 (もりもと ちひろ)

森本 千尋(もりもと ちひろ)

祖父・父と続く標高3,000メートルにある南アルプス北岳肩の小屋3代目。
「南アルプスNET」の掲載された紹介記事はこちら


2014年の記事